Forgive others since you cause them trouble

日本では「他人に迷惑をかけないようにしなさい」と教育されて育つ子供が多いけれど、インドでは「あなたも他人に迷惑をかけるのだから、他人の間違いを許せるようになりなさい」と言って子供を育てる。

ルールに則って暮らす事の出来る文化的、経済的基盤のある日本とは真逆の、カオスが日常であるインドならではの教育方針だなぁ、と、初めてこの言葉を聞いた時に感心した。

はじめてインドに来た頃、仕事でもプライベートでも予定していたことがほとんど思い通りに進まずに、ストレスを感じることがたくさんあった。そしてそういうトラブルをおこした本人は「悪い事をした」というような態度でもなく、その態度をみてますます「なんだこれは」と思うようなことがあった。

けれども、仕事で自分のおかした失敗を誰かに攻められた事も無く、ボスにも失敗してもいいから、自分の思ったようにやれ、と言われ続けて、ようやく「他人に迷惑をかけるのだから、あなたも他人を許せるようになりなさい」という概念がしっくり来るようになってきた。

言ってしまえば「他人に迷惑をかけるのはあたりまえ」なのが、インドであり、迷惑を被っても「まあまあ」といってさっぱり水に流すことができるのがインド人。この国で生活するのであれば、インド人側の価値観に近づけないと、いろいろキツい思いをする。

日本ではやっぱりこういう価値観を持って暮らすのは厳しいのだろうか。
今の日本にはむしろこういう楽観主義と、「他人に迷惑をかけても良いのだからやってみよう」と思わせられる環境が必要なんじゃないかな、と、ぼんやりと二日酔いの頭で考えた土曜日の午後。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中