右往左往。

「あなたの周りにはどんな人がいるんですか?」と聞かれた。

その時に何人かの顔が浮かんだけれど、職業もバラバラだし、趣味が合うというわけでもないし、年齢もざまざまだし、パッと一言で「どんな人か」をまとめられなかった。

あとで改めて考え直してみたところ、正解がわからず(もしくは、わかる必要性も感じておらず)あっちこっち右往左往しながら「ああ、また間違えた」「うん、これはいいんじゃないか」とかブツブツ言いながら生きているのが共通項かもしれない。

彼ら(彼女たち)の5年先を想像してみろ、と言われても全くどうなっているか想像がつかないし、おそらく彼ら自身にも想像なんてついていないだろう。

自分はダメなところがあると知り、時には泣き、倒れ、それでも決して悲観的ではないし、どこかしら強いパーツを持っている。

そしていつも何か面白いことを探している。

願わくば、5年先も同じような状況でいてほしい。(いささかサディスティックな望みだが)

彼らが真正面からぶつかって行く姿勢と、壁にぶち当たってもなんとか生きていっている様子は、私の一番の励みになっているといっても過言ではない。

右往左往している間に人生が終わったとして、「あいつは最後まで落ち着きがなかった」と言う人がいたとしても、それは「私のまわりにいる人たち」の口から出た言葉ではないだろう。

彼らなら「あいつは最後まで面白い人生を生きた」と言うはずだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中