ムンバイの音楽

ムンバイのポップミュージックというと、ほぼすべての音楽がボリウッド映画で使われている歌である。映画公開よりも先に歌がインターネットに上がるため、曲は知っていても映画は観た事が無い人、曲が良かったからそのシーンを観るために映画館に行く人がたくさんいる。前者は経済力としてはミドルレイヤー以下にあたる人で、携帯電話に音楽をダウンロードして持ち歩いており、後者の場合は曲が良かったという理由で、映画館へ足を運んでダンスシーンを大きなスクリーンで楽しんだりするわけだ。(例えばこんな曲)

ムンバイはナイトライフが他の地域よりも充実しているため、あちこちにクラブがある。そういうところでかかる曲は数年から十数年前のアメリカンポップのDJミックスであることが多い。(未だにバックストリートボーイズとか)たまに一部のクラブでボリウッドミュージックがかかることもあるが、ムンバイよりもデリーの方が、ドメスティックな曲を好んでかけるクラブが多いと聞いた事がある。私個人としてはもっとガンガン、ボリウッドを流してほしいのだが、西欧文化が「クール」であるとされるムンバイでは、時代遅れでもアメリカンポップの方がウケがよいのかもしれない。

そういったポップミュージックとは別に、上記の動画のようなトラディショナルなボーカルと電子音を織り交ぜたような曲もある。しかしこういう曲がムンバイの若者層にどれくらいウケているのかは謎である。中にはタブラを習っているような人もいるので、クラシックな音楽に某かのカタチで触れた事のある人には受け入れられているのかもしれない。せっかくインドにいるのだから、もっと伝統楽器を使ったクラシックなライブコンサートでも行きたいところだが、「ここへ行けばそういう音楽がかかっている」というような場所は残念ながらまだ見つかっていない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中