インド就労ビザ 経過⑤

前回のインド就労ビザ経過に関する記事からほぼ一ヶ月が経ちました。現状、まだビザは取れていません。 

いろいろあって、結局、もともと申請していたビザはキャンセルせず、9月15日に会社から修正書類を送ってもらい、それをビザアプリケーションセンターに提出しました。カウンターでは、連休をはさんでいたため、翌週の火曜日、9月20日に一度電話でビザセンターに状況を確認して欲しいとのことで、問い合わせるも、進捗はまるで無し。翌日も、電話するが、何も進捗は無し。9月22日、今度はインド大使館に直接電話をしてみた。すると、「アプリケーションフォームのビザ有効期限が、前回申請時の12ヶ月のままになっているから、新契約条件の3年に書き換えて再提出してください」、とのこと。「それくらい大使館で書き直してくれればいいのに…」と思いつつも、同日午後に再度、ビザセンターに修正したアプリケーションフォームを提出。その後、3日間の連休を挟み、9月26日午前中にインド大使館に連絡するが、「アプリケーションフォームの修正を頼んだはずだが、まだ大使館に届いてないです」とのこと。前週、午後提出だったから、まだ届いてないのかな、と思いつつ、その日は諦めて、9月27日午後にインド大使館に再度電話すると、前日と同じ返答。さすがに、「2営業日経って、まだ届いてないのはおかしいじゃないですか?」と言って、ビザセンターに確認してもらうと同時に、自分からもビザセンターに問い合わせると、「その時どのカウンターに提出しましたか?」という質問。ビザセンターでは、順番待ち番号札にしたがってカウンターに行くのだが、そのときは「A」のカウンターで、職員に事情を説明して、大使館にアプリケーションフォームを届けてくれるように要請し、職員は、私が就労ビザをはじめて申請した際のレシートのコピーをとっていた。提出した日時、カウンターまでわかっているのに、大使館もビザセンターも、その書類の行方を明確にできない。あまりの対応の悪さに憤慨しながら待っていると、大使館から折り返しの電話がかかってきた。「大変申し訳ありませんが、今、書類を捜してもらっています。そこで提案なのですが、ご本人に明日の午前中に大使館に直接書類を持ってきていただけないでしょうか。その間に、平行してビザ発給の手続きを進めます」とのこと。「明日の午前中に持っていけば、同日発行してくださるんですね?」と、念を押すと、「はい」との返事だったので、明日、大使館に行くことになりました。 

さて、明日本当に発給されるのか…?神のみぞ知る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中