インド就労ビザ 経過③

就労ビザ不給付から約1ヶ月・・・身分証明書としてのパスポートを返してもらうため、ビザ申請センターへ行きました。

前回の記事で、キャンセレーションレターが必要と書きましたが、その後、ビザ申請センターの別の職員から電話がかかってきて、「身分証を返して欲しいだけなのなら、ビザのプロセスはそのままに、パスポートの一時返却にしたほうがいい」と言われ、結局、CancelではなくBorrow Passportというステータスでパスポートを受け取りました。

ついでに、内定が取り消しになった場合を考慮して、就労ビザのプロセスを正式にキャンセルする場合、どうしたらいいのか、という質問をしたところ、「ビザのキャンセル?それは簡単じゃない。それに一度キャンセルというスタンプがパスポートに残ると、次回、インドのビザを申請しても、それが観光ビザであっても給付されなくなるかもしれないよ」と言われました。「それじゃあ、どうしたらいいのか」と切り替えしたら、「それは知らない。大使館に聞いてくれ」といって、そっぽを向く職員。

前回、電話で質問したときにはそんなリスクの説明はなかったし、職員の対応が悪くて頭にきた!インドの汚職抗議活動をしているアンナ・ナザレさんに負けず、抗議したいくらいだ!

…っていっても、もしここが日本じゃなくてインドだったら別に職員の対応の悪さなんか「ああ、いつものこと」と思って気にも留めないんだろうけどね。日本のサービスの良さの中では、不親切なインド人の態度は浮くのである。

そんなわけで、真意を知るべく、明日はインド大使館に電話する。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中