来年の夏。

投稿日:

最近、感覚がおかしい。今まで日本でベースとして培われてきたものが縮小され、それ以外のものが、自分の中でどんどん膨張していっているような気がする。つまり自分の中で、「常識」という概念が消滅しつつある。だからって困っているわけじゃないんだけど…まあ、ちょっとめんどくさいです。

年末年始のホーチミンでの9日間は、ひたすらぐだぐだしていました。観光客ではなく、現地に住んでいる人の時間の流れの中にいたので、彼らの日常が私の日常にもなり、結構貴重な体験だったのかもしれない。もちろん、あそこは日本ではなく、自分とは違うバックグラウンドを持つ人間が暮らしているわけなので、傍目には何もないようで、心の中で思うことはたくさんあった気がする。

帰ってきたら、ポストの中に、ウクライナからの手紙が二通入っていた。もう2年も経つのに、彼らはまだ私のことを覚えていてくれる。「2010年の夏に帰ってくるのを待っているから」と書かれていて、2年前はずいぶん先のことに思えていたのに、考えてみれば2010年は来年の夏なのだ。信じがたい。

ウクライナにもベトナムにも帰りたい。
「帰って来てよ」という言葉を鵜呑みにするほど馬鹿じゃないけれど、ウクライナのイヴァノ・フランキフスクとベトナムのホーチミン、あの二つの場所が特別な場所であることは事実で、彼らがあの場所にいる限りは、彼らに会うために、この先も何度か訪れたいと思う。

2009年、25歳。そろそろ、また、分岐点を迎えてもいい頃だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中